「自分を捨て」とは、日本人に良い意味がありますか?

(Can “renounce yourself” have a positive meaning for Japanese people? English translation follows)

イエス は 皆 に 言われた。「私 について 来たい 者 は、自分 を 捨て、日々、自分 の 十字架 を 背負って、私 に 従いなさい。

ルカによる福音書19章23節

「自分を捨てて」というイエスの命令を解釈すると、大変気をつけなければならないと思います。 外国人の立場から見れば、日本人は「自分を捨てる」ことは上手ですが、多分上手すぎるかもしれません。 会社のために「自分を捨てる」日本人のサラリマンは世界中で有名ですね。 しかし、それより文字通りの例えもたくさんあります。 第二次世界大戦時代の「神風」という、政府のために「自分の命を捨てた」若者、また現在では、大変残念ですが、ほぼ毎日、線路で「自分の命を捨てる」人がいます。 たぶん私たちは、「自分の命を捨てた」人をだれか知っているでしょう。 ですから、特に日本で、イエスのこの命令を注意して解釈しなければなりません。 意味を分かるため、文脈を考えたらいいです。

その文脈はそもそも、お祈りです。 祈っておられたとき、イエスが弟子たちに質問されました。 「私は何者だと言うのか?」 私たちもその質問を考えたらいいと思います。 私たちは、イエスが何者だと言いますか? 預言者や、宗教の創立者や、素晴らしいユダヤ律法学者だと答える人がいますが、実際に受肉された神の子ではなかったら、主イエスの「自分の十字架を背負って」という命令は悪い意味しかありません。 すなわち、イエスは普通の人間だったら、「十字架を背負う」ということは、死を意味します。 それは弟子たちに良い知らせではなく、大変悪い知らせでしょう。

しかし、主が世の中に宿ってきた目的は、私たちが死ぬためではなくて、豊かに命を受けるためだと言われました。 確かに、聖ペトロを含めて、使徒たちが文字通りに自分の十字架を背負って、死刑にされたことは間違いありませんが、イエスの中で永遠の命をすでに見つけたので、彼を愛していたので、信仰を捨てることより、亡くなることを選択しました。 現在でも、その選択に直面しているクリスチャンもいますが、日本に住んでいる私たちには、その危険に直面することはほぼないです。 むしろ、私たちにとって、イエスの命令は霊的な意味を持っています。 「自分を捨てる」ということは、「自分を憎む」ことではありません。 使徒たちは自分のことを憎まず、喜びに満ちていた人々でした。 ところが、信仰深く、勇気を持つ人々で、社会の意見に目を向けないで、イエスが復活したメシヤだと信じて、全てを失う危険に直面しても、福音を宣言することを恐れませんでした。

その勇気はどこから来たと言うと、先の祈りの話に戻ります。 イエスは弟子たちに「自分の十字架を背負って」と命じられたことは、祈っていたときでした。 私たちは、そのように深い信仰を育もうとすれば、イエス様みたいなように祈りの中で心を空っぽにして、神の意志を完全に受け入れることが必要なのです。 ボンエッファーやコルベのように、他人のために文字通りに「自分の命を捨てる」可能性は全くないと言えませんが、珍しいことで、神はそう言うことを聖人たちに深い祈りの中でしか伝えないと思います。 確かに、うつ病や、社会の圧力や、イデオロギーのために自分の命を捨てるのは、神からの命令ではありません。 その場合、自分を捨てるのは、心の中の悪い影響を捨てて、心の中で豊かに生きるための目的を与えるものを見つけることを意味します。 そのものというのは、神の命を与える聖霊なのです。 神の霊は、皆の心の中で常におられますが、この世が「命」と呼んでいるガラクタに満ちているから、実の命の源を見かけることができません。 私たちが間違いて「命」と呼んでいるものを捨てれば、豊かな命を見つけます。 その命は無限なので、どの程でも他人に与えても、少しも失うことはありません。 なぜといえば、本当の命は愛だからです。

愛の特徴とは、愛を成長させるためには、愛を捨てなければなりません。 神は愛なので、神もその通りです。 神も、受肉して、罪人と共に暮らして、犯人の二人の真中で十字架に付けられて、自分を捨てて、自分の豊かな命を世に示しました。 私たちは、この世の宝物を捨てて、天国の宝物である神の愛を目的としたら、神と一つになって、その豊かな命と喜びを体験できます。 困っている人がいれば、愛で対処しましょう。 その行動が増えれば、今度は自分が困っている時に愛で受け入れてくれる温かい社会になるでしょう。 教会はまさにその原動力になるべき場所で、まずはお祈りと聖餐式を通して自分の醜い考えを捨て、神様の愛を自分の心の中に入れましょう。十字架を良い意味で背負うためには、主イエスと共に祈ることは必要なのです。

Jesus said to them all: “Whoever wants to follow me must deny himself and take up his cross daily and follow me. He said to everyone: “Whoever wants to follow me must deny himself and take up his cross daily and follow me.

Luke 19:23

We must be very careful when interpreting Jesus’ command to “renounce” or “abandon oneself”. From a foreigner’s perspective, the Japanese are all too good at it. The Japanese “salaryman” who abandons himself for the sake of the company is famous all over the world. But there are also many more literal analogies: the ‘kamikaze’ of the World War II era, the young men who abandon themselves for the government, and today, very unfortunately, there are people who abandon themselves on the railway tracks almost every day. Perhaps we all know someone who has abandoned himself or herself like this. So we have to interpret this command of Jesus with care, especially in Japan.

We need to think about the context of the Lord’s command, which is, in the first place, prayer. According to Luke, it is while he was praying that Jesus asked his disciples the question, ‘Who do you say that I am?’ We need to think about that question too. Who do we say that Jesus is? Some people answer that he was a prophet, or the founder of a religion, or a brilliant rabbi, but if he was not actually the Messiah and Incarnate Son of God, the Lord’s command to ‘take up our cross’ can only have a bad meaning.If Jesus were just an ordinary human being, to take up his cross would mean nothing but death. That would not be good news for the disciples, but bad news.

But Our lOrd said that He came to dwell in the world not so that we might die, but that we might receive life in abundance. It is true that the Apostles, including St Peter, literally took up their crosses and were put to death, but because they had already found eternal life in Jesus and loved him, they chose to die rather than renounce their faith. Some Christians still face that decision today. But for those of us living in Japan, we are very unlikely to face that danger. Rather, for us, Jesus’ command has spiritual significance. ‘Abandon yourself’ does not mean ‘hate yourself’. The Apostles were not people who hated themselves; they were full of joy. They were, however, people of faith and courage, who were not afraid to proclaim the Gospel, even in the face of the danger of losing everything, because they believed that Jesus was the risen Messiah, without bowing to the views of society.

Where that courage came from goes back to the earlier context of prayer. It was while praying that Jesus commanded his disciples to ‘take up their cross’. If we want to develop such a deep faith, we need to empty our hearts in prayer and accept God’s will completely, just like Jesus. I can’t say that there is no absolutely chance that we might literally have to abandon our life for others, as Bonhoeffer and Kolbe did; but this is rare, and I think God tells his saints to do this only in deep prayer. To be sure, laying down one’s life because of depression, social pressure or ideology is never a command from God. In that case, to “renounce oneself” means to leave behind the bad influences in one’s heart and find there the one who gives us reason to live life in abundance: that is, the life-giving Spirit of God. The Spirit of God is always present in everyone’s heart, but because our hearts are full of the junk the world calls ‘life,’ we cannot find the source of true life.

Only if we abandon what we mistakenly call ‘life’, can we find the real, abundant life. And that life is infinite, so no matter how much we give to others, we do not lose anything. And that is because true life is love. The unique characteristic of love is that in order for it to grow, it must be given away. The same if true of God, for God is love. God became incarnate, lived with sinners, was crucified in the midst of two criminals, and abandoned himself to show the world the fullness of life. We can experience that abundant life and joy by becoming one with God, if we forsake the treasures of this world and make our goal God’s love, the treasure of heaven. So if someone is in need, treat them with love. If we increase this behaviour, we will in turn have a kinder society that accepts us in love when we are in need. The Church should be the driving force for this, so first of all, through prayer and the sacraments, let go of your negative thoughts and let God’s love enter your heart. We have to pray with the Lord if we are going to bear our Cross in a positive way.

%d bloggers like this: